出張講師

TopPage > 出張講師

シカやイノシシのお肉を使った「ジビエメニュー」を開発・展開したいとお考えの自治体、地域グループ、お店などを対象にした出張講師を承っております。

海外のジビエ先進国で技術と知識を磨き、高知県で数々の実績を積んだ当店店主が、ジビエのイロハを分かりやすく伝授。さらに、

「地元の野菜と組み合わせたい」

「野外イベントで販売できるメニューを」

など、さまざまなご要望や条件などを考慮したメニュー開発と、その調理指導も行います。まずはお気軽にお問い合わせください。

講師プロフィール


Nook's kitchen オーナー 西村 直子 Naoko Nshimura

Nook’s kitchen オーナー

西村 直子 Naoko Nshimura

– 略歴 –

1998年、ニュージーランドへ渡り、調理師や料理教室講師などをしながら生活。経営難に陥っていた勤務先のレストランをコストをかけずに立て直しに成功(日本へ帰国後も、レストランからの仕事依頼は継続)。12年間暮らした後、世界60カ国を旅し、世界各地でローカルな食文化を体験。特にジビエに関心を抱き、狩猟現場や解体現場にも足を運び、知識を得る。

2008年帰国し、故郷・高知県へ。
同年より高知県香美市にある「べふ峡温泉」で「鹿肉商品開発」に従事。翌年には、シカ肉ソーセージを使った【シカドッグ】を開発。その年に開催された「第3回土佐の食1グランプリ」(高知県各地のグルメが集い、その味の評価を競うイベント)において、他の有力候補を抑え優勝。4年間で2万1895個を売上。これは高知県民の35人に1人が食べた計算になる。

2012年より高知県長岡郡大豊町「ゆとりすとパークおおとよ」にマネージャーとして勤務。自社農園のブルーベリーを使った【プチかき氷】を開発。GW、夏休みのイベント企画なども成功し、例年比で集客3倍、売上2倍となり、地元メディアなどで取り上げられる。

さらに、「シカを導入した大豊町の目玉企画がほしい」という社命を受け、【四国ジビエグルメフェスタ 2012】を企画実施。例年であれば閑散期となる時期に、有料施設でありながら2000人以上を集客。早々の時間帯から売り切れとなる店舗が続出するほどの盛況となった。「ジビエ」という言葉がまだ知られていなかったこともあり、事前事後を含め全国24社以上のメディアで報道。本イベントをきっかけに「ジビエ」という言葉が浸透しはじめた。

2014年7月31日、高知市にジビエ料理専門店【ヌックスキッチン】をオープン。連日予約で満席が続く。また、オープン半年にもかかわらず、「高知家の食卓 県民総選挙」(高知県民が県外の人にお勧めしたい店を投票する企画)にて、応募総数3000店舗のなかから10位以内に入賞する快挙を果たす。また、全国の各メディアでジビエ特集などが組まれた際には「遠くてもわざわざ行きたい店」として取り上げられ、日本はもとより海外からも来店客を集めている。

メディア掲載・受賞歴


メディア掲載

2008年〜(べふ峡温泉) 高知新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本農業新聞、テレビ高知、RKC高知放送 他多数

2012年〜(ゆとりすとパークおおとよ) 高知新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日本農業新聞、東京新聞、愛媛新聞、NHK高知放送局、RKC高知放送、テレビ高知、RKCラジオ、FM高知、高知ケーブルテレビ高知 他多数

2014年〜(ヌックスキッチン) 高知新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日本農業新聞、東京新聞、愛媛新聞、NHK高知放送局、RKC高知放送、テレビ高知、高知ケーブルテレビ、RKCラジオ、FM高知、VOGUE Japan、FRaU、BE-PAL 他多数

受賞歴

「第一回 高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト」最優秀賞受賞

経済産業省「はばたく中小企業、小規模事業者2016 300選」選定

経済産業省「はばたく中小企業、小規模事業者2016 300選」選定

Conntact


ご依頼・お問い合わせは、電話もしくはメールにてお願いします

TEL

080-3920-7471
電話でのご依頼、お問い合わせは、営業日の18時〜21時以外でお願いします。 定休日(日〜水)でもご遠慮なくお問い合わせください

Mail

確認ページはありません。投稿の内容を確認して、よろしければ送信ボタンを押して下さい。